ショールーム通信vol.21 ショールームのカーテンを開くと・・・・!?

通常、ガイナに興味を持っていただく方で最初の質問が多いのは、「夏場の遮熱・断熱効果」ですが、ガイナにはそれ以外にも「冬場の断熱効果」、「結露抑制」、「空気質改善」、「優れた対候性」など多くの機能があります。

今回のショールームは、その中でもガイナの「防音効果」について特に知りたいとお越し頂いた、渋谷で若くして設計事務所を経営されている1級建築士のMさんのお話です。

Mさんは、都内のビルを改装して地下1階と2階を飲食店に3階を貸しスペースにしたいという施主の方をお連れしてご来場されました。

飲食店の地下1階部で音楽を演奏したいとの事。3階より上階は共同住宅なので、騒音等で迷惑をかけたくないが地下1階から3階まで全て防音工事をするのは大変な為、何とかならないかとの思いからガイナの「防音効果」に興味を示されました。

ガイナが塗布されているフライパンを叩く実験があります。何も塗布していない方は「カーン」と高い音がひびきわたり残響も長く続きます。塗布したフライパンの方は「コン」とくぐもった音が短く鳴るだけです。

施主様は何度もフライパンを叩き比べて音の軽減具合に感心されていました。

ガイナのフライパンは塗布している面でなく裏側を叩いても音が抑えられます。これはガイナの塗膜を形成している空気を含んだ極小球体セラミックが音を繰り返し反射し吸収。また、その振動自体も抑えることにより音を小さくしているのです。

Mさんも施主様もフライパン実験やアパート1階天井に塗って2階の音がどれだけ軽減されたかのデータなどをご覧になり感心されていました。

最後に、説明担当がリモコンのスイッチを入れると、それまでショールームの壁の1面を覆っていたカーテンがゆっくりと開きます。

そこには・・・・・。

Mさんと施主様は大変驚いておられました。

カーテンを開いた先に何があったかは、是非、みなさんご自身でショールームにお越しになってお確かめください。


このページのトップへ

© 2007-2017 GAINA -ガイナ(断熱セラミック)-|心力舎環境プロジェクト エココロ 株式会社心力舎