ショールーム通信vol.4 寒冷地でもガイナは評判になっています

本日のガイナショールームには、北海道のH塗装さんと防水業の岩手県Dさんにご来場いただきました。

北海道のH塗装さんは同業の方よりガイナという多機能性の商材があるとお聞きになり、心力舎のHPを見て資料請求をされました。
岩手県のDさんは当社よりガイナの紹介を受けた際、H塗装さんと同様に同業の方より聞いたことがある、と興味を持たれて来場されました。
どちらも、同業の方から「暑いところだけではなく寒い地域にも効果のある、すごい商材なんだよ」と伺っていたようで、ショールームへの来場を即決めていただきました。
ショールーム体感実験では100度に熱せられた鉄板を触っていただき、「なぜ高温の鉄板に触れるのか?」と驚かれ、「ガイナは熱を溜め込めず、塗膜表面が瞬時に手の温度と同じになるからなんです」と説明をうけ、さらに驚かれていました。
しかもこの100度に熱せられた鉄板は、10年以上前に塗装され、汚れて反射機能がほとんどなくなっている状態です。
「ガイナは受けた熱を遠赤外線として放射しているので、反射ができなくなっても、しっかりと効果が出せます」という説明に「だからガイナは15~20年、効果がもつんだね!」と耐久性にも興味をもたれていました。
別の実験では、熱くなった鉄板にご自身で氷を置いていただくなど、実験にも参加して頂きガイナの効果を体感されていました。

このように、ガイナショールームへ来場されますと聞くだけでなく、体感できることがたくさんあります。
ぜひ、ガイナショールームへお越しになってご自信で体感されてはいかかでしょうか。
「百聞は一見に如かず」です。


このページのトップへ

© 2007-2017 GAINA -ガイナ(断熱セラミック)-|心力舎環境プロジェクト エココロ 株式会社心力舎